BETU room R こだわりの品

BETU room R illustration 

べつるーむあーる(イラストレーター / CM 絵 コンテライター)

べつ ルームアール イラストレーション CMコンテライター 

べつるーむあーる イラストレーション プライベートサイト  Japanese Version Only  

うまく説明できないものがあります
 
何故こだわるんでしょうね
 
takarabako.jpg 

私が就職した当時、もらっていた給料は75000円でした。
家賃16000円のアパートに住んでおりました。
四畳半、風呂なし、共同トイレであります。
しかし、月末にはきちんとしたレストランで豪華な食事をしておりました。
この月一の食事に妙なこだわりがありました。
 


土偶 
我家の広大な庭から偶然出土した土偶
 
当然、冗談である
レプリカではあるが、六本木で発見し思わず購入
縄文時代 宮城県遠田郡田尻町蕪栗恵比須田出土のものか
青森県西津軽郡木造町亀ケ岡出土のいずれかを
モチーフにしたと思われる
いずれにしても、このデザインには感じる所がある
子供の頃、教科書で見て どうしてもその後ろ側が見たかった記憶がある
現在、白い玄関で来客を出迎えている
評判はよくわからん

 
蝶 
Morpho rhetenor (レーテノル・モルフォ)
 
猫もそうだが、この美しさはなんだろう
どのような必然が彼等をこうさせたのか・・
赤坂・旧TBS前で発見(もちろん売っていたもの)
私にしては何度も購入をためらった蝶である
死骸な訳で、かわいそうであった
だが、その美しさに魅了されていた
家での置き場所に迷った末
現在仕事場で私に毎日見つめられている

 
パイプ 
パイプは美味い
冬場、手の中でのぬくもりは経験しなければわからない心地良さがある
夏場はいかん・・なにしろ暑い
気持ちに余裕がなければパイプは燻らせない
一服に30分 お気に入りの洋酒とともに至福の時を楽しめる
パイプスタンドは23の時自分で造り胸には世界最小金貨をあしらう
気に入ったパイプに出会うのは嬉しいものだ
この3本は好きで手に馴染んだもの
私の手はちいさい、しかもすべすべ(笑)

 
パイプ 
パイプも凝りだすときりがない
気が済むまでは凝り続けるのだが・・
葉はいろいろ試してみた
お気に入りは5種類くらいか
W.O.LARSEN(デンマーク王室御用達)が香り、味ともに品が良く多く愛用
 
ふかすので紙巻きよりは身体に良いかもしらん

 
燭台 
水晶と不思議な燭台
 
オカルトチックで素敵なオブジェになった
 
さて、何の役に立つのであろうか
 
ほえ~である
 
何か見えますかな?

 
泡盛 
沖縄が好きで毎年休暇に出かけた
 
沖縄ではオリオンビールと泡盛である
 
この泡盛は美味い
18年古酒・1000本限定蔵出しで値段も一桁違う
しかし買うのである
私は大量に呑む事はないので
どうせなら美味いモノ・・となる
これで1年間、沖縄を思い出すのだ
また残り少なくなってきた
これでは月一か・・(あれ?なんか寂しい話になってる)

 
海 貝 
沖縄といえば海
 

 
暇にまかせてずいぶん拾ったものだ
 
自然の造るものはすばらしい
 
なにも言うことないですな

 
ビデオカメラ 
Mac以前はビデオに凝っていた
できるだけ本物に忠実な絵を撮りたくなり
カメラ・三脚・バッテリーなどで20kgを越える機材を持ち歩いていた
海を撮るのが多かった
ベーカムが欲しかったがとてもお高い
体力がなくなり編集機器と共に
倉庫No.15で埃に塗れている(倉庫あったか?)
今でもしっかり動くだろか・・
ちゃんとしたレンズの解像度はすばらしい
フルハイビジョンカメラも面白そうである

 
星の砂 
 
アトリエにある数少ない緑
 
サボテンは丈夫でよろしい
 
見ていただきたいのは『星の砂』である
 
沖縄から2kg近く持ち帰った欲張りな私
 
星の砂・・願いが叶うそうである
 
(映り込みは気にしてはいけない)

 
招き猫 
招き猫
 
人もお金も呼び込むニャ・・と言っている
キーボードのお手上げ猫ともいう
MyMac の機嫌は良くなった
お守りなのである
 
ちなみに私は必殺1〜2本指打法
左手しか届かないのだ
(古い写真になったが、ネコは健在)

 
シルバーアクセサリー 
アクセサリーは18くらいから付けていた
 
気に入ったものを長い間付けていると
 
いつしか、無いと落ち着かないようになる
 
指輪はなくてもよいが、ネックレスは必要じゃ
 
金やプラチナなら、いざって時に役立つが
 
シルバーがスキなんだな

 
 
Mac好きにおまけ(音が出ます)クリック 
 

▲ ページトップへ